VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラP2P技術をサポート

オペラ、P2P技術『ビットトレント』を統合したブラウザー

 ノルウェーのオペラ・ソフトウェア社は7日(現地時間)、P2Pファイル共有技術『ビットトレント』をサポートしたブラウザー『オペラ8.02』(テクニカルプレビュー版)を公開した。追加ソフト不要で、ビットトレントのネットワークからファイルをダウンロード・共有できる。ウインドウズ、マックOS、リナックスなどがダウンロード可能。
 ビットトレントは、P2P技術で大容量ファイルのダウンロードや共有ができる技術。NASAのソフト配布やゲームのデモ版の配布に利用される一方で、映画や音楽などの違法コピーの交換手段として悪用されているケースもあるという。
 オペラ社はリリースの中で、「オペラは1年以上前からビットトレントに関心を持ってきたが、その真価は、今年4月のオペラ8の公開時にはっきりした。圧倒的な反応で1秒あたりのダウンロードが100件を超え、サーバーは技術トラブルに陥った。この時、ビットトレントがあったなら、ユーザーは代替のダウンロード手段を確保できただろう」と述べている。


こうやってファイル共有技術が広がっていくと、必ず悪用する人がでてくるものですが、
この悪用を防ぐ対策がオペラはできているんでしょうか。

P2P技術は素晴らしいものなのに、悪用する人がいるせいで
何かやってはいけないことのようになってるんですよね。

オペラが搭載することでいいイメージが付くといいですね。
このまま行くとファイル共有技術はいつまで経っても進展しないような気がします。
オペラの頑張りに期待です。

高校の制服のリカちゃんストラップ

<雑記帳>高校の制服着たリカちゃんストラップ 仙台で発売

 ◇仙台市の私立高校「常盤木学園」の制服を着た「リカちゃん」ストラップが、15日から市内の藤崎百貨店で販売される。4本線が特徴のセーラー服で、1個1050円。
 ◇制服姿のリカちゃんストラップは、玩具メーカーのタカラが5年前から学校と協力して始め、東日本では初登場。伝統校の制服を忠実に再現しており、同窓生などには「誇らしい」と好評だ。
 ◇同学園には、北海道・東北地区で最初に設置された音楽専門課程もある。リカちゃんのパパは音楽家の設定。「愛娘を通わせたい」と目を細めているかも。【伊藤絵理子】


ストラップにリカちゃん人形というのもどうなんでしょう。
使っているうちにだんだんとぼろぼろになって髪の毛の部分とか
見るも無残な姿になりそうなんですが。

それにしても、高校の制服がストラップになるっていうのは面白いですね。
卒業の記念品にもらったりしたらうれしいと思います。
もちろん、そのときはリカちゃん人形が着るのではなく、
制服だけのストラップでないとだめですがね。個人的に。

でも、こんな商品はその学校の関係者にしか売れないんでしょうね。
おそらくタカラ側も売上期待していないんじゃないかと。
それ以上に宣伝の効果が大きそうですが。

世界最速新幹線試験開始

新型最速新幹線が試験開始 仙台-北上間で

 JR東日本は26日未明、世界最速の360キロでの営業運転を目指す新幹線試験車両「ファステック」の試験運転を東北新幹線仙台-北上間で始めた。
 ファステックは宮城県利府町の新幹線総合車両センターから25日午後11時半すぎ、仙台駅の新幹線ホームに入線。26日午前零時11分すぎに、警笛を鳴らして滑るように北上駅に向かって走りだした。
 向かいのホームでは仙台着のやまびこから降りてきた乗客が足を止めて珍しそうにのぞき込んだり、カップルが携帯電話のカメラに収める姿もあった。
 試験は2008年の春まで続く予定で、新幹線「はやて」や「こまち」と同じ時速275キロでの高速運転試験、最終的に405キロの運転を試す。


新幹線で360キロ出るなら、リニアモーターカーの影が薄くなってしまうような・・・。
リニアモーターカーはもっと速く運行できるということでしょうか。

新幹線がどんどん速くなっていくと、飛行機との時間差が縮まって
飛行機との乗客争いが起こるんでしょうね。

新幹線は騒音がすごいんじゃないかと思うのですが、
この辺もしっかり考えられているのでしょうか。
騒音問題って結構大きいですから、騒音の無い乗り物が
開発されたらどこにでも走らせることができていいんでしょうが、
実現するのはずっと先のことでしょうね。

そういえば、北海道新幹線の開発計画がありますが、
私はいらないと思っている1人です。
北海道だったら飛行機使ったほうがどこに行くにも便利で早いと思うのです。
東京に行くのにわざわざ東北を通っていくなんて面倒臭いことは誰もしないでしょう。
まして東北に行きたい人もそんなに多くないでしょうし。

税金の無駄使いになってしまうような気がしてならないので、
是非開発を中止して欲しいですね。

ビデオカメラも使い切り

<米CVS>使い切りデジタルビデオカメラを発売

 【ワシントン木村旬】米大手薬局・雑貨チェーンのCVSは、使い切りデジタルビデオカメラを発売した。価格は29.99ドル(約3200円)。結婚式やレジャーなどでビデオ撮影はしたいが、高額のビデオカメラを買うのにはためらいがある人をターゲットに売り込む考えで、月末には全米約4500店に販売を拡大する。
 米ベンチャー企業のピュア・デジタル・テクノロジーズが開発したもので、ポケットに収まる大きさで重さは約150グラム。ボタンは三つだけという簡単な操作が売り物。録画時間は20分で、1.4インチのカラー画面を見ながら、その場で再生・消去できる。
 録画後にCVS店舗に持ち込むと、12.99ドルでDVD(デジタル多用途ディスク)に保存してもらえる。


ビデオカメラが使い切りなんて、カメラ自体は相当安くなりましたね。
でも、3200円でビデオカメラ勝って、約1400円でディスクと交換。
これってディスクがちょっと高いんじゃ・・・。

まぁ、家に1台常に置いておくって言うのもいいかもしれませんね。
いつでも使えますし、簡単操作で誰にでも使えますし。

それにしても、カラー液晶まで付いて3200円・・・。
これならビデオ撮らなくても欲しいです。
日本で発売されないですかね。 【“ビデオカメラも使い切り”の続きを読む】

ピアスにまでUSB

ピアス型のUSBメモリー

台湾系のプリテック・エレクトロニクス社は5月31日(現地時間)、台北で開催中のハイテク展示会『コンピュテックス2005』に、ピアス型のUSBメモリーを出展した。サイズは縦27ミリ、横12ミリ、厚さ1.9ミリで、最大1GBのデータを耳にぶら下げることができる。
 同社は最近、従来製品の3分の1に小型化したUSBメモリー『CU-Flash』を開発。これを活用してピアス型を実現し、超小型ぶりをアピールした。スタッフが実際に耳に飾って披露した。
 プリテック社は、ネックレス型やネクタイピン型も展示。今後、「USBアクセサリー」として売り込みたい考えだ。


どんなに小型化できても、さすがにピアスにしてまでUSBメモリーを
持ち歩く人なんていないと思うのですが、どうなんでしょう。

技術を披露するのにはいいとは思いますよ。
身近にあるものとの比較でこんなに小さいんだ、と思えますし。

しかし、USBアクセサリーなんて使うような人いないでしょう。
すでにあんなに小さくなって、バッグに入れていても邪魔になったりしないですよ。

まぁ、どんどん小型化して大容量になるのはいいことです。
でも、もうちょっと安くなってくれるといいんですけどね。
如何せんメディアとしてはまだまだ高いです。
前のページ 次のページ
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。