VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビミョー」使用者58%

迷ったら「ビミョー」96% 文化庁の語世論調査

 いいか悪いか判断がつかなかった時に「ビミョー(微妙)」という言葉を使う人が58%に上り、10代では96%を超えることが12日、文化庁の日本語に関する世論調査で分かった。素晴らしいやすごい、おいしいなどの意味で「ヤバイ」を使う10代も71%に達した。
 文化庁は「“微妙”は価値判断を避ける若者言葉だが、何とも言い表しようがないという本来の意味と近いため4、50代でも高い数字となったのではないか。定着するかは現時点では判断できない」と分析している。
 調査は1月から2月にかけ全国の16歳以上の男女3千人を対象に実施、73%から回答を得た。


「微妙」は確かに良く使うようになりましたね。
「ヤバイ」は素晴らしい、すごいの意味で使うことは無いですが。

言語は常に進化し続けるものですから、これも進化の一過程ということになるんでしょうか。
ただ、中には明らかにおかしい日本語もありますけどね。

「ヤバイ」をおいしいという意味で使うのは絶対に変だと思います。
聞いてて恥ずかしいというか、違和感ありまくりです。
このヤバイを使う人が10代に71%もいるなんて、少々信じ難い気持ちです。

一緒に食事をしている友達が「ヤバイ」を使ったとしたら、
おそらく間違いを指摘して使わないように言うでしょうね。
おいしいという意味のヤバイは聞いていて少し不快です。

正しくなくてもいいからきれいな日本語使いましょうよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://viz.blog7.fc2.com/tb.php/86-03ac4edc

「微妙」で「やばい」言語禍

「微妙」で「やばい」言語禍を面白がらせ世の渚積み搖る種に饐え居む地あぶれ醉へど沼細りひめうてやはいけんこくわをおもしろからせよのなきさつみゆるたねにすえゐむちあふれゑへとぬまほそり やばいをすばらしいの意味に使ふ例十代に多くなれるとか聞けば興じて一首。半

  • 2005/07/13(水) 14:17:04 |
  • いろは 伊呂波 IROHA
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。