VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログ放送終了まであと6年

<アナログTV放送>11年の終了承知は1割未満 総務省

 アナログテレビ放送が2011年に終了することを知っている人は1割に満たないことが、総務省が14日まとめた地上デジタル放送に関する「浸透度調査」の結果で分かった。
 調査結果によると、地上デジタル放送そのものを知っている人は78.4%。アナログ放送の終了を知っている人は66.4%だった。しかし、終了時期を正確に11年と知っているのは9.2%にとどまった。
 地上デジタル放送に対応した受信機の世帯普及率は8・5%。将来受信機の購入予定がある人に重視するポイント(複数回答)を尋ねたところ、「価格が安いこと」が最多で78.1%に上った。購入価格は10万円以下が51.7%を占めた。
 調査は今年3月、無作為抽出した全国の15~79歳の4375人を対象に実施、3965人が回答した。【位川一郎】


アナログからデジタルにする必要が本当にあるのでしょうか。
便利にはなってもまだ必要ない人が多いのでは。

11年にアナログ放送終了したら、チューナーを買わなかった人は
テレビを見るのをやめるかもしれませんね。

現在でチューナーの普及率がこれだけ低いと、
後6年で爆発的に普及率が増えるような気がしないのですが・・・。

でも後6年でテレビの買換え需要が伸びればなんとかなるんですかね。
それでも最近のテレビは寿命が長いので買い替えしない人も多そうですが。

まぁ、何よりもチューナーの価格で決まりでしょうね。
たとえ高くても、国が移行するのに補助金をだすなどして安く
売るようにしてくれないと、デジタル放送をわざわざチューナー
買ってまで見るなんてことしないですよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://viz.blog7.fc2.com/tb.php/68-3a79138d
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。