VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの寺院もネットショッピング

インドの寺院 莫大な食料調達はショッピングサイトで

[ニューデリー 28日 ロイター] 毎日、何百万もの人々に食料を無料で提供しているインドの寺院は、いわば世界で最大の食料購入者でもあるのだが、不当に利益を上げようとする納入業者に対抗するために、インターネットでリアルタイムの価格を調べて購入することにしたと、地元新聞が伝えた。
インドで最も金持ちの寺院でもあるヒンズー・ティルマラ・ティルパラ・デーバストハナマス寺院では、今月からインターネットで価格チェックを始めた。インドのエコノミック・タイムス誌によれば、昔ながらの業者が時に50%も値上げをしてくるためだ。
マドラス南部にあるこの寺院では無料の食事を提供するために、寺でお供え物としても使われる揚げ菓子4000万個も含め、年間で30億ルピー(約70億円)もの食費がかかる。
寺院ではカシューナッツから食用油にいたるまで、この莫大な食料をインターネットのショッピングサイトを通して購入する。
シーク教の聖地であるアムリツァールのゴールデン・テンプルや他の寺院でも、似たような動きがあると同紙では伝えいてる。


なんと年間70億円も食費で使うんですよ。
しかもその食料は無料で提供するというなんともありがたい寺院です。
インターネットで買うとなると送料がかかりますが、
これも莫大な金額になりそうですね。

寺院相手に高い値段で売りつけようとする商人ってのもすごいですね。
商人魂は宗教心に関係無いのでしょうか・・・。
なんか罰があたりそうなんですが。

寺院というと電気とかそういうのは使わないイメージがあったのですが、
寺院にもパソコンがあるなんて結構ハイテクなんですね。
ネット経由で買うと運送業者が届けることになると思うのですが、
毎日数百万人分も食料を使う寺院に届けるとなると相当でかいトラックが
何台も必要なのでは。
しかもまとめ買いしたら寺院へのトラックの行列が・・・。

でもそれはネットで買っても業者から直接買っても同じか。
普段の納入の様子を見てみたいです。


一番下にあるカウンターの表示が遅かったので、カウンター変更しました。
カウント数は引き継いでます。
スポンサーサイト

コメント

インド

インドだからって寺院にPCがないなんて言い切れたものではありませんのです。
事実、ムーンレイカーではアステカがすごいことになってたじゃないですか。

  • 2005/05/01(日) 21:44:22 |
  • URL |
  • 夜の虹 #-
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2009/05/21(木) 00:08:18 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://viz.blog7.fc2.com/tb.php/25-dc161ffa
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。