VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国最大の電話会社、スカイプを制限

中国電信、インターネット電話サービスへの接続を制限=新聞

 [上海 9日 ロイター] 中国最大の固定電話会社、中国電信(チャイナ・テレコム)は、インターネット電話サービスへのアクセス制限を開始した。インターネット電話サービスが、同社の長距離電話サービスの減収につながるため。シャンハイ・デーリーなど複数の現地新聞が報じた。
 これらの新聞報道によれば、チャイナ・テレコムは深セン市で、ルクセンブルクのインターネット電話サービス会社、スカイプ・テクノロジーのサービスにつながるアクセスの制限を開始した。
 チャイナ・テレコムのブロードバンド・インターネット接続サービスは、スカイプのサービスに現在は接続可能だが、最終的には全国的に接続をブロックする方針という。
 また、チャイナ・テレコムは、深セン市でのインターネット電話ユーザーの「ブラックリスト」を作成済みであり、同社によるアクセス制限を迂回しようと試みる者に対しては、罰金を科す可能性もあるという。
 中国では、法輪功や天安門事件といった、政治的に難しい問題を取り扱ったウェブサイトへのアクセス制限は日常的であるものの、純粋に経済的な理由によるアクセス制限は極めてまれである。
 チャイナ・テレコムの広報担当者は、この件についてコメントを控えている。


中国では消費者よりも提供する側の方がずっと偉い立場にあるということなのでしょうか。
しかし、こんなことが許されるのではこれから発展することが全く出来ない状態になってしまうのでは。

消費者をないがしろにして自分たちの利益だけを優先させた
この処置で、逆にユーザーが減っていくということには
全く考えが回らなかったのでしょうか。

競合する相手が出てきたならそれに勝てるだけの
努力をするのが当たり前のことであるはず。
それをただ制限するだけという何のためにもならないことで
解決してしまおうとするなんて、何と馬鹿げたことでしょうか。

これでユーザーの数が減らなかったら不思議で仕方ありません。
日本であれば大半のユーザーが他社に乗り換える事を検討すると思われますが、
中国ではこういうことに対してどういった反応が起きるのでしょうか。

どんなに中国国内で最大だからといっても、
こんなにも大きな権限を持ってはいけないですよ。
合法であるサービスを利用しただけで罰金なんて、誰が納得いくでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://viz.blog7.fc2.com/tb.php/127-b67b1273
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。