VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年元旦にうるう秒

来年元旦に「うるう秒」 地球自転とずれを調整

 日本の標準時間を通知している独立行政法人・情報通信研究機構は7日、地球の自転速度と時刻のずれを調整するため、1日を1秒間長くする「うるう秒」を2006年元旦に挿入すると発表した。うるう秒は1972年から始まり、今回は7年ぶり23回目。
 世界で一斉に実施する措置で、日本では来年1月1日の午前8時59分59秒の後に、普段はない同60秒を挿入する。全国の放送局や電波時計などには、機構から調整された時刻が届く。
 世界共通の標準時刻(協定世界時)は1958年から、セシウム原子の振動数から時間を測る原子時計をもとに定めている。地球の自転と時刻の間にずれが生じるのは、自転速度が徐々に遅くなっているのが原因。うるう秒は採用した後、ほぼ1年から1年半ごとに実施しており、これまでにうるう秒がなかった最長期間は2年半だった。


うるう秒なんて初めて聞きました。
まさか知らない間にそんなものが実施されていたなんて。

1秒を挿入するだけでも電波時計以外は全部の時計が1秒ずれてしまうことになりますね。
ぜひとも時計が60秒を指すところを見てみたいものです。
デジタル時計で60秒の表示が出たらちょっと感動するかもしれません。
電波時計は60秒を表示するのでしょうか。
それともただ1秒間が勝手に修正されるだけなのか。

ところで、地球の自転速度が遅くなっているということは、
いつか止まってしまうということなのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://viz.blog7.fc2.com/tb.php/125-e7c0bca4

来年元旦に「うるう秒」-1秒挿入、7年ぶり

 日本の標準時間を通知している独立行政法人・情報通信研究機構は7日、地球の自転速度と時刻のずれを調整するため、1日を1秒間長くする「うるう秒」を2006年元旦に挿入すると発表した。うるう秒は1972年から始まり、今回は7年ぶり23回目。 世界で一斉に実施

  • 2005/09/07(水) 20:51:38 |
  • すとれーとじゃぶ
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。