VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭用ロボット発売

<三菱重工>家庭用ロボット発売 不審者侵入を感知

 三菱重工業は29日、家庭用ロボット「wakamaru(ワカマル)」を9月16日に発売すると発表した。157万5000円。不在時に不審者の侵入を感知して、外出している所有者に電子メールで報告したり、外出先のパソコンで、ワカマルに付いたカメラを通して室内の様子を確認したりできる。
 ワカマルは車輪で移動する人型ロボットで身長1メートル、重さ27キロ。センサーで最大10人までの顔を識別できる。簡単な会話ができ、無線LAN(構内情報通信網)を通じて入手したニュースや天気予報などを伝える機能もある。一人暮らしの高齢者家庭での使用を想定して、一定時間会話がなければ、そのことを知らせるため指定先にメールを送る機能もある。2時間の充電で2時間動き、電池が切れそうになると自動的に充電装置まで移動し、充電する。
 購入後は、情報使用料などで月1万500円の支払いが必要。保守管理体制の関係で、今回は東京都23区在住者限定で100台を販売する。


維持費も考えると、すごく高いロボットですね。
毎月1万500円もかかってまでロボットを家に置くというのは、
やっぱりまだまだ一般人にはロボットと一緒の生活は程遠いというのがわかりましたね。

不審者進入を感知して知らせるためだけなら防犯カメラで充分のような気もしますね。
会話というのがどのくらいできるのかわかりませんが、
それでも157万円はちょっと高い。
犯人に叩き壊されでもしたらそっちの方が大損害に
なってしまうんじゃないでしょうか・・・。

2時間充電で2時間駆動という、燃費悪すぎなこのロボットですが、
一体どの程度移動できるんでしょうか。
すいすいと進んで行けるのか、はたまたゆっくりと安全運転なのか、
疑問が出てくるばかりです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://viz.blog7.fc2.com/tb.php/119-39edd651
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。