VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖にピラニア

琵琶湖でピラニア捕獲 観賞用ペットを放流?

 南米アマゾンなどに生息するピラニアが滋賀県の琵琶湖で捕獲されたことが13日、分かった。観賞用のペットが放流されたとみられる。
 滋賀県水産試験場によると、捕獲されたのは体長15・7センチ、重さ95・6グラムのピラニア・ナッテリィと呼ばれる魚種。同県高島市新旭町の琵琶湖で12日、刺し網にかかっているピラニア1匹が見つかり、同試験場が回収した。
 ピラニア・ナッテリィは主に亜熱帯の川に生息し、体色が銀白色で腹部は朱色。成長すると体長30センチ程度になる。非常に鋭い歯を持ち凶暴な肉食魚として有名。
 琵琶湖の水温は冬季はアマゾンに比べ低いため、繁殖する可能性は低いとみられる。


なぜ自分が飼っていたペットを外に捨てるんでしょうか。
好きで飼い始めたのですから、最後まで責任を持つというのが当然のはずです。

動物にだって命があるんですから、気に入らなくなったら
そのまま外に放り出すというのはあまりにも無責任すぎますよ。
自分の都合で捨てて、それが回りに及ぼす影響というのが
わからないのでしょうか。

他の生物への影響も考えずに、飽きたら自分勝手に捨ててしまう様な人にはペットを飼う資格なんてありません。
生き物はおもちゃではないんですよ。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。