VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル&ソニー新製品発表

携帯プレーヤー相次ぎ発表 アップルとソニー

 デジタル携帯音楽プレーヤーの商戦で、米アップルコンピュータは7日、名刺より一回り小さく厚さ6・9ミリの超薄型や携帯電話一体型の新商品を発売すると発表、ソニーも8日、新商品「ウォークマンAシリーズ」を11月19日に発売すると発表した。「iPod」の世界累計販売台数2200万台を誇る“巨人”アップルに、ソニーはデザイン、機能を一新した新商品で挑む。
 アップルの「iPod nano(アイポッド・ナノ)」は重さ42グラムで、iPodシリーズでは最も薄い。
 記憶容量4ギガバイトでは最大1000曲の記録が可能。デジタルカメラで撮った写真も保存できる。日本では8日から発売、4ギガバイトのモデルは2万7800円。
 ソニーの新商品は、曲線を多用したデザインと大型液晶が特長。パソコンを通じCDやインターネットから音楽を取り込む仕組みは変わらないが、再生中の曲に近いジャンルや年代の作品をディスクに保存した曲から選び、自動再生する機能もある。実勢価格は3万-3万5000円とみられる。


どうしてもソニーの発表よりもアップルの発表の方がインパクト大きいですね。
発表即発売のアップルの戦略が効いています。
ソニーが新製品の発表をしても完全にアップルの脇役となってしまいました。

今回の発表で両者が真っ向からぶつかり合う体制になったのですが、
これはどう見てもアップルが勝利を収めることとなるんじゃないでしょうか。
消費者にとって最も重視される価格が、
ソニーのウォークマンよりも格段に安価であるipod nano。

シリコンメモリ使用でありながら4Gタイプで3万円を切って
販売することができるというのが驚異的です。
一方のソニーでもメモリタイプの製品を発表したのですが、
どうしてもnanoに見劣りしてしまいますね。
HDDタイプのウォークマンも発表されましたが、
ipodと比べて少し高い価格になっているため、
ここでも苦戦を強いられそうです。

ウォークマンの発売は11月なのでまだ勝敗はわかりませんが、
このままアップルに客を取られてしまうという結果にも成りかねません。
さらに、冬には他社の新製品も発売されるでしょうから、
ソニーにとってはMP3プレイヤー市場は苦しい場となりそうです。
逆にアップルではipod nanoによってさらにシェアを拡大すると言えます。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。