VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iチューンズ・ミュージックストア開始

<米アップル>音楽配信、いよいよ日本上陸

 米アップルコンピュータは4日、日本でもインターネットを使った音楽配信事業を同日、始めたと発表した。大手レコード会社の協力を得て当初配信する曲数は約100万曲、1曲当たりの価格は150~200円。楽曲は専用ホームページからパソコンにダウンロード(取り込み)し、デジタル音楽プレーヤー「iPod」に転送して聴くことができる。デジタル音楽プレーヤーでシェア首位のアップルが参入することにより、音楽配信市場が日本でも本格化、音楽をインターネットで買う時代が始まる。
 アップルの音楽配信「iチューンズ・ミュージックストア」は、03年から米国や欧州で既に始まっている。米国では1曲99セント(約110円)で販売され、これまで延べ5億曲以上がダウンロードされた。日本ではレコード会社の厳格な著作権管理などが障害となり、事業開始が遅れていたが、エイベックスやコロムビアミュージックエンタテインメントなど大手が理解を示し、事業開始にこぎつけた。
 一方、定額料金で「聴き放題」のオンライン音楽配信事業を展開する米ナップスターも3日、日本進出を表明しており、音楽配信事業者間の競争が一気に加速しそうだ。
 国内では既に大手レコード会社が出資する「レーベルゲート」などが音楽配信サービスを始めているが、これまでの販売価格は1曲200円台が主流。携帯電話のauのサービス「着うたフル」でも300円以上するケースが多い。アップルの販売価格はそれより安くなるため、先行各社が値下げに動


衝撃的な発表ですね。しかも発表と同時に開始してしまうとは。
まだまだ日本の曲は少ないのですが、これから増えるとともに人気が爆発しそうです。

何よりも安いということがいいですね。
他社のサービスもこれと同様に安くなれば、
さらにデジタル音楽プレーヤーの需要が伸びそうです。

しかし、クレジットカードで買うことが前提にあるというのは、
十代の利用者にとっては苦しいですね。
プリペイドカード形式で売るのもありますが、それだとちょっと高い。
1曲だけ欲しいときなどは買いにくいですし。
やっぱりウェブマネーなどの手軽に使える支払い方法を取り入れてもらわないと。

クレジットカードが使える人でも、インターネットの決済で使うのは不安だ
という人は結構いるんじゃないでしょうか。
そういうことを考えると、やっぱりウェブマネーなどは必要では。

スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。