VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最速新幹線試験開始

新型最速新幹線が試験開始 仙台-北上間で

 JR東日本は26日未明、世界最速の360キロでの営業運転を目指す新幹線試験車両「ファステック」の試験運転を東北新幹線仙台-北上間で始めた。
 ファステックは宮城県利府町の新幹線総合車両センターから25日午後11時半すぎ、仙台駅の新幹線ホームに入線。26日午前零時11分すぎに、警笛を鳴らして滑るように北上駅に向かって走りだした。
 向かいのホームでは仙台着のやまびこから降りてきた乗客が足を止めて珍しそうにのぞき込んだり、カップルが携帯電話のカメラに収める姿もあった。
 試験は2008年の春まで続く予定で、新幹線「はやて」や「こまち」と同じ時速275キロでの高速運転試験、最終的に405キロの運転を試す。


新幹線で360キロ出るなら、リニアモーターカーの影が薄くなってしまうような・・・。
リニアモーターカーはもっと速く運行できるということでしょうか。

新幹線がどんどん速くなっていくと、飛行機との時間差が縮まって
飛行機との乗客争いが起こるんでしょうね。

新幹線は騒音がすごいんじゃないかと思うのですが、
この辺もしっかり考えられているのでしょうか。
騒音問題って結構大きいですから、騒音の無い乗り物が
開発されたらどこにでも走らせることができていいんでしょうが、
実現するのはずっと先のことでしょうね。

そういえば、北海道新幹線の開発計画がありますが、
私はいらないと思っている1人です。
北海道だったら飛行機使ったほうがどこに行くにも便利で早いと思うのです。
東京に行くのにわざわざ東北を通っていくなんて面倒臭いことは誰もしないでしょう。
まして東北に行きたい人もそんなに多くないでしょうし。

税金の無駄使いになってしまうような気がしてならないので、
是非開発を中止して欲しいですね。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。