VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通勤電車で座る方法

ニッポンの通勤地獄で座る方法教えます…という本

[東京 17日 ロイター] 化粧直しをする女性を探し、路線の学校の制服を熟知し、決して居眠りしている人の前に立たないこと…。
これらは、東京の通勤ラッシュに精通した著者による、毎日の通勤時に満員電車の中で座席をゲットするためのテクニックである。
タイトル「通勤電車で座る技術!」で185ページからなるこの本は、
27歳の会社員の万 大(よろず はじめ)というペンネームの著者が、メールマガジンから始めたものだった。図解付きでいかにして早く座席を確保するかの方法とアドバイスが詳細に書かれいてる。
「日本の通勤電車は、よく「地獄」に喩えられる。「椅子取りゲーム」は、生死をかけた闘いである。本書は、そんな通勤戦士たちに読んでほしくて誕生した」
東京の人口は増大し、毎日通勤のために近郊から東京に人が流れ込む。電車は満員になることもしょっちゅうで、深呼吸もできないほどだ。電車の中に人を押し込むための特別要員を雇う駅さえある。
その結果として、平均68分の通勤時間で、
座席に座ることは非常に重要になってくる。
(中略)
出版元のかんき出版によれば、3月の発売から既に3万部を売り上げる成功を収めていて、驚いているという。
編集者も「我々が予想していたよりずっと売れています」と話す。
「本が成功した理由は、誰もが考えたことがあるのに、誰も書いたことのないことを本にしたからだと思います」と語っている。


はぁー、こんな本でも売れるんですね。
時代の流れに合いさえすればどんな内容の本でもヒットの可能性ありということでしょうか。

こんな本でも売れるんですから、
皆さんが何か生活の知恵を書いた本を出しても売れるかもしれませんよ。

でも、この本を買って読んだからって、必ず座れるようになれるかは分かりませんね。
通勤電車はその日の運で左右されますし、自分よりも熟練した人もいるかもしれませんし。

結局は、混雑する時間に乗らないように出来ればいいんですが、
それもまたかなり難しいことなんですよね。

私なりの通勤電車の切り抜け方ですが、朝は早いだけ早い方がいいです。
時間が早すぎてもどこかで時間潰せば全然大丈夫。
きつい車内でずっと苦しい思いするよりはいいですよ。

ちなみに、どんな本か知りたい方はこちら
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。