VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日サイト再開へ

反日サイトが続々再開 中国、歴史問題で圧力か

 【北京15日共同】中国各地で4月に起きた反日デモ発生の原動力の一つとなり、その後、当局の命令で閉鎖された「反日ウェブサイト」が最近になって相次いで再開していることが15日分かった。反日デモの発生が収まり、治安が安定する一方で、歴史問題をめぐり、中国政府が対日圧力を再び強めていることが背景にあるとみられる。
 再開したのは代表的サイト「愛国者同盟網」など少なくとも5つ。反日デモが吹き荒れた4月末に閉鎖されていたが、今月4日から13日にかけて活動を始めた。別の代表的サイト「反日先鋒(せんぽう)」も15日、1週間以内の再開を予告した。
 愛国者同盟網はサイト上で、5月初めに再開許可を申請、同24日に許可を受け、今月8日に再開したと説明。「日本の右翼と軍国主義に断固として反対を継続しよう」と呼び掛けている。


規制したり解放したりと、ころころとやることを変えますね。
今度は歴史問題で圧力かけるためですか。

歴史問題については、日本が非を認めて謝罪してしまえばいいと思うんですけどね。
歴史問題に関して隠そうとしてどうするのか不思議ですよ。

まぁ、中国側のやり方にも問題があるような気がしますけど。
国民の意識を操作しているっていうのが何かおかしい気がします。

反日サイトを復活させたのも、国民に反日感情を持たせるのに
使うためではないのでしょうか。

でも、気になるのは中国が歴史について躍起になっていることですね。
歴史は重要なことですけど、他の問題でも引っ張り出されたら
ちょっとおかしいと思ってしまいます。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。