VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交渉決裂?

松下がブルーレイ発売へ=規格統一交渉が事実上決裂

 次世代DVDの規格統一を目指す電機メーカー間の交渉が難航するなか、「ブルーレイディスク」を推進する松下電器産業は10日、同方式の新製品発売に踏み切る方針を固めた。松下はこれまで、統一交渉を踏まえて新製品発売を明言してこなかったが、立場を鮮明にすることで交渉の決裂は決定的になった。
 ブルーレイ陣営では、これまでにソニーがゲーム機「プレイステーション3」への採用を表明。「HD DVD」を主導する東芝も、年末に再生機を発売する方針で、2方式が市場で併存するのが避けられない状況だ。ビデオの「VHS」と「ベータ」の対立と同様の混乱が消費者に生じそうだ。


こんな状況でブルーレイを発売しても消費者は今買うべきかどうか悩みますよ。
今回発売するというのは、ブルーレイを普及させるというよりは、
HDDVDへの牽制の意味合いが強いんでしょうね。

何か消費者のことを考えていないような気がします。
ただひたすら自分たちの利益を求めているというか・・・。
まぁ、会社としては当然のことですけど、やっぱり消費者ありきですし。

これで規格統一がされなくなってしまったら、
消費者の混乱を招いて両陣営とも不利益を被るだけだと思うのですが。
さすがに両方のディスクに対応した製品は無理でしょうし、
両者が対立し合ったら、もう統一の道は選択されないでしょう。

やっぱり早く普及させた方が勝ちになりますけど、
今の段階で普及させるのは無理だと思いますね。
いくらなんでもまだ次世代ディスクには消費者からの需要が無いような・・・。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。