VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、インターネットまで規制

中国がサイトの規制を強化、未登録サイトを閉鎖へ

 [北京 7日 ロイター] 中国当局はインターネットの規制強化を進めており、未登録のウェブサイトを閉鎖する方針にある。
 パリを拠点とするジャーナリスト団体「国境なき記者団」が7日明らかにした。
 中国政府は今年3月、国内のウェブサイト全てについて登録と関係者の詳細情報の提供を義務付け、6月末日までに順守しない場合は違法とする方針を発表した。
 人気の国内ポータルサイトは既に、微妙な問題に関するニュースを掲載しないよう圧力をかけられている。また、チャットルームなどの自主的な監視と、「政治的に正しくない」内容の削除を求められている。
 政府がリアルタイムでサイト監視が可能な新システム導入を公表したことから、同団体は懸念を強めている。
 同団体が中国当局者の発言として伝えたところによると、登録済みのサイトは既に全体の約4分の3に達した。
 政府は数千人を動員してネット上のコンテンツを検閲しているとされるが、一部では自由な意見を掲載するサイトもある
 当局はこうしたサイトを海外に移転させ、中国国内からのアクセスを規制したい考えという。


そこまでして国民の自由を奪ってしまったら、
不満が爆発するのがさらに早くなるだけだと思いますね。

ただでさえ、自分たちが自由に発言する機会が無いのに、
自由な場であったインターネットを規制するなんて、
国民のことを何も考えていないように思えます。

何でわざわざ自分のサイトを国に登録して検閲させなきゃ
いけないんだという不満を誰でも持ちますよ。

私には中国上層部が自分たちのためだけにこういうこと
やってるようにしか見えませんね。

あれもダメ、これもダメ、政治に不満を言ったらダメ。
こんなの一つの国家としておかしいと思います。
もう中国での暴動が起こるまで秒読みに入っているんじゃないでしょうか。


とまぁ、こういう文章の内容も中国国内では書けないんですよね。
日本にいて自由に意見を述べられることに少し幸せを感じます。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。