VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一周ヨットの旅

ゴールまであと数日 世界一周の堀江謙一さん

 ヨットで単独無寄港世界一周に挑戦している冒険家、堀江謙一さん(66)が5日午後、和歌山県潮岬の南西約110キロ付近に帰ってきた。順調なら、7-8日にも兵庫県西宮市に帰港する見通しという。
 この日は北から15メートルの逆風が吹いて波が高く、堀江さんは風を避けるため、船体を海面すれすれに傾けて航行。時おり強い波しぶきを受けながら、出港時と変わらぬ真っ白な船でゴールを目指し大海原を突き進んだ。
 240日を越える長旅だが、堀江さんは疲れを感じさせない様子。ヘリが近づくと、両手を振り笑顔で応えた。


240日間を越えて海の上を航行してたら、
陸に戻った時感覚が違って大変なんじゃないかと思います。

どこにも寄らないから人にも会えずに寂しいでしょうし、冒険家ってすごいですね。

さて、昨日の話題にもなってしまいますが、
この240日分の食料は本当にどうしていたのか。
これだけの量になるとヨットには積めないですよね。

途中で応援してくれている人たちの船からもらったりしているんでしょうか。
いや、でもそれだと偉業だとはあまり思えない・・・。
やっぱりその場で魚釣って食べるんでしょうか。

それにしても、こういう冒険家の人たちはどうしてそんなに時間やお金があるんでしょうね・・・。
企業がスポンサーになってるのか、それとも、冒険が一つの仕事として成り立っているのか。
うらやましいとまでは思わないですが、冒険する勇気があるっていいなぁと思います。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。