VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙に広告

宇宙空間での広告禁止 法令化への動き

[ワシントン 20日 ロイター] 米連邦航空局は木曜日、無重力空間での「ひどく目立つ」広告の絶対的な禁止へ向けて航空法規の修正案を出した。
「軌道上に設置された物体は、もし大きさが十分ならば、長期間にわたって地球上の人々の目に触れることになる」連邦航空局は関連書類で述べている。
いまのところ連邦航空局には、すでに存在する法を強制する権限がない。
連邦航空局によれば、たとえば宇宙企業が地球の軌道上の低空部に巨大な看板を設置したら、それは望遠鏡なしで月と同じぐらいの大きさに見えるという。大きく明るい広告は天文学者の邪魔になるかもしれない。「大きな広告は夜空の闇を破壊する可能性がある」とのことだ。


果たして宇宙に看板出すなんて事をする会社があるのでしょうか。
宇宙に看板出せたとしても、そのコストが馬鹿にならない額だと思います。

それに、宇宙にある無数のゴミが衝突したらそれだけで壊れてしまうのではないでしょうか。
巨大な広告を打ち上げる方法も無さそうですし。

月と同じ大きさに見える、というのはあまり大きくないような。
文字が書いてあっても読めないと思います。
広告の機能を果たさないのではないかと。

特に宇宙で広告を禁止するというのもあまり意味が無いように思えるのですが、
これも未来を見越してのことでしょうか。

でも宇宙広告なんてアメリカだけで規制しても意味ないですよね。
そんなことをできるのはアメリカの企業だけかもしれませんが。

私としては宇宙に広告を出すのは賛成ですね。
変なチラシを配られるよりも空にあったほうがずっといいです。
でも、広告を出す時には申請して許可をもらうということを前提にして欲しいですが。
不快感のある広告がずっと空にあるのは気になりますし。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。