VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう海賊版が

スター・ウォーズ最終作、早くもネット上に海賊版

 [ロンドン 19日 ロイター] 映画スター・ウォーズシリーズ最終作「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」が、19日未明の劇場公開から数時間後、海賊版とみられる映像がインターネットで公開されていたことが明らかになった。米映画協会(MPAA)は、ネット上の著作権侵害に懸念を強めている。
 映像は画像ファイル交換ネットワーク「ビットトレント」に、少なくとも2本出回っていた。
 ファイルダウンロード用のリンクを掲載しているウェブサイトによると、1本は公開前日の18日に流出していた。編集などに使われるタイムコードが入っていたことから、この映像が映画業界内部から漏れた可能性が指摘されている。
 ビットトレントを通じて「シスの復讐」をダウンロードしているネットユーザーは、1万6000人を上回ったという。


う~ん、こんなにも早く流出するもんなんですか。
しかも業界関係者から漏れたとなるとこれは防ぎようがないですよね。

しかし、そんなことしてまで映画をタダで見たいのでしょうか。
映画館で見るのだって1000円くらいだし、わざわざ家で見る必要も
無いと思うのですが。

それに、映画館だとあの場所で見れることに大きな価値がありますし。
あの雰囲気や音響、スクリーンの大きさはお金を払う価値が大いにあると思いますよ。

既に1万6000人もダウンロードしてしまっているので、
もう世界中に広まってしまうのは明らかです。
しかしこれを抑制することはできないんですよね。

P2Pという素晴らしい技術もこうやって悪用されてしまうために
なんだかイメージの悪い物になってしまっていますね。
これはとても悲しいことですよ。
法律で規制されるようになったりしたらそれこそ技術の発展も
意味がなくなってしまいます。

何か上手い解決方法は無いのでしょうか・・・。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。