VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙防衛

米が新宇宙戦略を検討、人工衛星を防衛

 [ワシントン 18日 ロイター] 米ホワイトハウスは18日、ブッシュ政権は人工衛星の防衛を目的とした新宇宙戦略を検討しているが、兵器を宇宙に配備することは考えていないと述べた。
 ホワイトハウスのマクレラン報道官は、新戦略は国防総省その他の機関の間で練られているが、承認のためブッシュ大統領や側近に送付されてはいないと語った。
 マクレラン報道官は記者団に、「われわれが検討している戦略は、宇宙の武装化を目指すものではない。われわれは宇宙システムを保持しており、それが確実に防衛されるよう望んでいる」と述べた。
 ただ、一部の防衛アナリストや兵器抑制派は、この政策は攻撃と防衛双方のための武器を宇宙に配備する道を開くものとして、反発している。


宇宙の防衛まで考えているなんて、さすがアメリカ。
衛星が攻撃されそうになったらそれを守るってことでしょうか。
でも防衛するということは攻撃も出来るということ。
それはちょっと問題ありですね。

何かそのうち宇宙で戦争という、スターウォーズのような世界になりそうです。
まぁ、それまでに全て話し合いで解決できるような世界になっていればいいのですが。

宇宙の開発が進んだら必然的に兵器を配置することになると思うのですが、
宇宙はどこの国のものでもないので、そこで争いが起きそうです。
まぁ、私は宇宙の開発が進むのには限界があると思いますけどね。
宇宙へ行くための燃料の問題が解決されないと。

現状では使ったエネルギーをまた元に戻すことは出来ないですから、
打ち上げに使った燃料は全てなくなってしまうということです。
ですから、石油が無くなったら宇宙への扉が閉ざされます。

宇宙に行ける人も限られますし、そもそも人間が宇宙に行くのには
少々無理がありすぎる気が。
結論としては、無理に宇宙開発を進める必要はないということです。
スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。