VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万景峰日本へ

万景峰に入港証明書 10日にも国交省交付

 国土交通省は9日、日本の港に入るために必要な油濁汚染を賠償する船主責任保険(PI保険)に、北朝鮮の大型貨客船「万景峰92」が加入していることを示す入港証明書を交付することを決めた。10日にも交付する。
 これまで定期的に入港していた万景峰92は、昨年12月を最後に、日本の港に入っていなかった。証明書の交付によって港湾管理者などの許可を受ければ日本への入港は可能になるだけに、いつ新潟港に入るかが焦点となる。
 万景峰92は4月12日、改正油濁法に基づく証明書の交付を国交省に申請した。国交省はこれを受け、契約していた英国領バミューダにある保険会社について英国政府を通じて調査。
 2004年2月に設立されたこの会社は、国際条約に従ってタンカーの油濁汚染賠償保険を請け負うなど約200万ドルの保険契約の実績があり、英国の保険引き受け組織「ロイズ」などで再保険を掛けていることを確認。パナマ政府もこの会社と契約した船舶に入港証明書を出した実績があり、十分に賠償ができると判断した。


何であんなにも入港を反対されているのに入港許可なんてするんでしょうかね。
保険の問題ではなく、何を載せているかというのが怪しいというのに。

何か事故があったときに賠償が出来るといっても、
起きてからじゃ手遅れですよね。

油が漏れて海や鳥や魚が汚れるのはすぐにお金で解決できる問題ではありませんし。

万景峰号もだいぶ老朽化しているのだから、いつ油漏れ起こしても
不思議では無いと思うのです。

せめて万景峰号が綺麗に修繕されていることを確認してから許可すればいいのに。
でも私は万景峰号の入港には反対です。

どうも北朝鮮への不信感が強すぎて何をするにしても疑ってかかってしまうんですよね。
メディアの影響を受けすぎているのでしょうか。

スポンサーサイト
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。