VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル&ソニー新製品発表

携帯プレーヤー相次ぎ発表 アップルとソニー

 デジタル携帯音楽プレーヤーの商戦で、米アップルコンピュータは7日、名刺より一回り小さく厚さ6・9ミリの超薄型や携帯電話一体型の新商品を発売すると発表、ソニーも8日、新商品「ウォークマンAシリーズ」を11月19日に発売すると発表した。「iPod」の世界累計販売台数2200万台を誇る“巨人”アップルに、ソニーはデザイン、機能を一新した新商品で挑む。
 アップルの「iPod nano(アイポッド・ナノ)」は重さ42グラムで、iPodシリーズでは最も薄い。
 記憶容量4ギガバイトでは最大1000曲の記録が可能。デジタルカメラで撮った写真も保存できる。日本では8日から発売、4ギガバイトのモデルは2万7800円。
 ソニーの新商品は、曲線を多用したデザインと大型液晶が特長。パソコンを通じCDやインターネットから音楽を取り込む仕組みは変わらないが、再生中の曲に近いジャンルや年代の作品をディスクに保存した曲から選び、自動再生する機能もある。実勢価格は3万-3万5000円とみられる。


どうしてもソニーの発表よりもアップルの発表の方がインパクト大きいですね。
発表即発売のアップルの戦略が効いています。
ソニーが新製品の発表をしても完全にアップルの脇役となってしまいました。

今回の発表で両者が真っ向からぶつかり合う体制になったのですが、
これはどう見てもアップルが勝利を収めることとなるんじゃないでしょうか。
消費者にとって最も重視される価格が、
ソニーのウォークマンよりも格段に安価であるipod nano。

シリコンメモリ使用でありながら4Gタイプで3万円を切って
販売することができるというのが驚異的です。
一方のソニーでもメモリタイプの製品を発表したのですが、
どうしてもnanoに見劣りしてしまいますね。
HDDタイプのウォークマンも発表されましたが、
ipodと比べて少し高い価格になっているため、
ここでも苦戦を強いられそうです。

ウォークマンの発売は11月なのでまだ勝敗はわかりませんが、
このままアップルに客を取られてしまうという結果にも成りかねません。
さらに、冬には他社の新製品も発売されるでしょうから、
ソニーにとってはMP3プレイヤー市場は苦しい場となりそうです。
逆にアップルではipod nanoによってさらにシェアを拡大すると言えます。
スポンサーサイト

アップル、9月に新型プレーヤー発売

米アップルが9月に新商品投入へ、最新型MP3プレーヤーか

 [サンフランシスコ 29日 ロイター] 米アップルコンピュータは29日、9月初旬に新製品を発表すると表明した。MP3プレーヤー「iPod shuffle(アイポッド・シャッフル)」の容量を格段に増やした最新型を発表するとみられている。
 アップルは巧みなマーケティングで知られ、新商品に関する情報を固く封印し、効果的なイベントを開催して新製品を発表する。
 同社は、デジタルカメラに使われているようなメモリースティックを使用し、4ギガバイトと比較的容量の大きなアイポッドを投入するとみられている。この容量では、約1000曲の保存が可能。
 新製品発表イベントへのEメール招待状にはジーンズのポケットが描いてあり、2001年にアイポッドが最初に投入されたときのイベントを思い起こさせるものとなっている。
 同社は9月7日1700GMT(日本時間8日午前4時)に、サンフランシスコでの記者会見を予定している。


アップルがまた動きましたね。
もうデジタルオーディオプレイヤー市場はアップルが独占しそうな勢いです。
ソニー等の日本の企業も頑張ってはいますが、まだまだ追いつけていません。
今回の発表&発売でまた差が開いていくのではないでしょうか。

発表から発売までの期間がすごく短いことで、
逆にうまく購買意欲をさそっていけていますね。
こういうマーケティングの戦略は他の企業も真似をしてみたらいいんじゃないでしょうか。
発表してから何ヶ月も経ってから発売したら、
興味をなくしている人も多く出てくるのは当然。
アップルの戦略に感心させられます。

家庭用ロボット発売

<三菱重工>家庭用ロボット発売 不審者侵入を感知

 三菱重工業は29日、家庭用ロボット「wakamaru(ワカマル)」を9月16日に発売すると発表した。157万5000円。不在時に不審者の侵入を感知して、外出している所有者に電子メールで報告したり、外出先のパソコンで、ワカマルに付いたカメラを通して室内の様子を確認したりできる。
 ワカマルは車輪で移動する人型ロボットで身長1メートル、重さ27キロ。センサーで最大10人までの顔を識別できる。簡単な会話ができ、無線LAN(構内情報通信網)を通じて入手したニュースや天気予報などを伝える機能もある。一人暮らしの高齢者家庭での使用を想定して、一定時間会話がなければ、そのことを知らせるため指定先にメールを送る機能もある。2時間の充電で2時間動き、電池が切れそうになると自動的に充電装置まで移動し、充電する。
 購入後は、情報使用料などで月1万500円の支払いが必要。保守管理体制の関係で、今回は東京都23区在住者限定で100台を販売する。


維持費も考えると、すごく高いロボットですね。
毎月1万500円もかかってまでロボットを家に置くというのは、
やっぱりまだまだ一般人にはロボットと一緒の生活は程遠いというのがわかりましたね。

不審者進入を感知して知らせるためだけなら防犯カメラで充分のような気もしますね。
会話というのがどのくらいできるのかわかりませんが、
それでも157万円はちょっと高い。
犯人に叩き壊されでもしたらそっちの方が大損害に
なってしまうんじゃないでしょうか・・・。

2時間充電で2時間駆動という、燃費悪すぎなこのロボットですが、
一体どの程度移動できるんでしょうか。
すいすいと進んで行けるのか、はたまたゆっくりと安全運転なのか、
疑問が出てくるばかりです。

ゲームボーイミクロ発売

任天堂、「ゲームボーイミクロ」を1万2000円で9月13日に発売

 [大阪 18日 ロイター] 任天堂<7974.OS>は、新しい携帯型ゲーム機「ゲームボーイミクロ」を1万2000円(税込み)で9月13日に日本で発売すると発表した。
 「ミクロ」は、携帯電話程度の大きさで、現行の携帯型ゲーム機「ゲームボーイアドバンス」のゲームソフトが遊べる。任天堂は、北米で9月19日に99ドルで、欧州では11月4日に約99ユーロで発売する。「ミクロ」の今期販売目標は400万台。


新しいゲーム機も作りながら、古いところにも注力していくんですね。
でも、なんかニンテンドーDSの影が薄くなってしまうような気が。

ゲームの内容はともかくとして、やっぱり薄くて小さい方がいいですし。
デザインもなかなかカッコイイゲームボーイミクロの方を買ってしまうのではないでしょうか。

まだまだ携帯ゲーム市場は発展途上だと思います。
ただ性能がいいだけじゃなくて、デザインがいいとか、
ゲームに興味が無い人が思わず手を出すようなものが売れていくんじゃないでしょうか。

携帯ゲーム機でゲームをやるということは、やっぱり手軽さというのが重要になってくるでしょう。
単純すぎず、複雑すぎず、そんなゲームが求められているんじゃないでしょうか。

12万円のクリーム

<カネボウ化粧品>12万円の超高級クリーム販売へ

 カネボウ化粧品は、専門店向けの化粧品ブランド「トワニー」で、50歳前後の肌の手入れに関心が高い女性向けに、12万6000円の超高級クリーム「センチュリー セルリズムSP」を販売する。16日から9月30日まで予約を受け付け、引き渡しはクリームの必要度が高まる冬場の12月16日。約1万個の販売を見込んでいる。
 女性のホルモン低下などで衰えた肌の働きをケアするためのクリームで、数種類の和漢植物成分などを熟成した複合成分を含むという。香りにもこだわり、マダガスカル原産の希少性の高いランの涼やかな香りをつけた。


化粧品類をあまり使わず、さらに男である私にはよくわかりませんが、
女性にとっては化粧品にお金をかけるのは普通なんですかね?

12万円もかけてクリームを買っても、もし効果が出なかったらと思うと
もったいなくてしょうがないんですが。
50代の女性でも肌に気を使っている人は肌きれいですし、
諦めてしまっている人は12万円も出そうと思わないのでは。

さすがに12万円もするとためしに使ってみよう、ということにはならないでしょうね。
次のページ
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。