VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのチーズ人気急上昇

「干からびたチーズ」人気 仏産高級品、品切れも

 「干からびたチーズ」が人気-。8月6日夜に小泉純一郎首相と森喜朗前首相が首相公邸で衆院解散をめぐり激論した際、森氏が「硬くてかみ切れない干からびたチーズを出された」と酷評したチーズがその後人気を呼び、一部の食品店では品切れになっている。
 フランス産の「ミモレット」というこのチーズは、「硬くなるほど風味が増す」(食料品店)高級品。微生物を利用して熟成させ1年以上たつと硬さが増し、18カ月以上では茶色がかったオレンジ色となり、カラスミに似た深い味わいになるという。
 高島屋日本橋店(東京)では18カ月物が100グラム550円、24カ月物が880円だが、森氏の発言を受けテレビなどが報道したため、8月中旬ごろから購入者が急増。8月は通常の3倍以上が売れた。


森元総理がこのチーズに対して不満をぶちまけて
テレビで報道されて一気に有名になりましたね。
実は高級チーズだったことを知った森さんは驚いたでしょう。

あの時はお酒に酔っていたというのもあるんでしょうが、
さすがにあの言い方は酷かったですよね。
小泉さんに不満を言うのは構いませんが、
チーズは生産者が思いを込めて作っているんですし。

高級チーズというだけあって、きっとおいしい物のはず。
私はチーズが少し苦手ですが、それでも一回は食べてみたいと思いました。
スポンサーサイト

価格低迷でキャベツ大量廃棄

キャベツを大量廃棄 価格低迷で、産地は複雑

 豊作による価格低迷を受け、群馬県などキャベツの主要産地で大量廃棄が続いている。需給調整のためとはいえ、手塩にかけて出荷間際まで育てたキャベツを捨てる農家は複雑な表情だ。
 キャベツの産地廃棄は今月に入り2回目。北海道のほか青森、岩手、群馬、山梨、長野、熊本の7道県の全農などが、今月25日から月末にかけて出荷する分を対象に1万2290トンを廃棄する計画だ。廃棄をした農家には、1キロ当たり32円の交付金が支払われる。
 農水省によると“夏秋(かしゅう)キャベツ”は夏場に入ってからの好天続きで生育が極めて順調。出荷量は徐々に増加し、東京都中央卸売市場(22日現在)で1キロ当たり49円と、平年より33%も安い水準。スーパーなどで1個100円で売られることもあるほど。


安くなることは消費者にとっては嬉しいものです。
しかし、生産者にとっては安くなりすぎるというのは大問題。
このバランスが取れた価格にならなければこうやって
無駄になる野菜がでてくるものです。

しかし、いくら価格を持ち直させるためとはいえ、
ただ捨てるだけというのも一体どうしたものでしょうか。
しかも廃棄した量に応じて交付金を出してもいるのに。

こうやって野菜を捨てていくくらいなら他国への食糧支援に
使っていくとか、そういう他の使い道を考えて欲しいものです。
生産者だって無駄にするために生産したわけではないのに、
それを軽々と捨てていくなんて、
生産者に対しても失礼なことだと思います。

日本はもっと第一次産業の人たちを優遇するべきなんですよ。
サービス業等は、なくなったとしても不便になるだけですが、
農業等の食料を生産する仕事の人がいなくなったら
生きていけなくなってしまうんですから。

次世代DVD統一できず

<次世代DVD>HD、BDの両陣営、規格統一を断念

 現行のDVD(デジタル多用途ディスク)より容量が大きい次世代DVDについて、製品の規格統一を目指し交渉してきた東芝などの陣営とソニー、松下電器産業の陣営が、統一を断念したことが23日、明らかになった。これにより、互換性のない2規格が並存することが、確定的になった。東芝は年内にも自社陣営の規格を使用する再生機を発売し、ソニーも来春に別の規格で製品を発売する計画。ビデオの「VHS対ベータ戦争」が再現されることになり、消費者には不便な状況を招きそうだ。
 規格統一交渉は、2月下旬ごろから、「HD―DVD(HD)」規格を推す東芝と、「ブルーレイ・ディスク(BD)」のソニー、松下の3社で始まり、一時は双方の長所を生かした「第3の規格」をつくる方向で調整に入った。しかし、製造コストについての考え方や、ソフトを握るハリウッドの映画会社の意向などを調整しきれず、5月中旬に中断。以降、どちらの陣営も互いに自陣営の規格のメリットを主張したまま歩み寄りの姿勢を見せず、交渉は再開されていない。


これで消費者にとっては不便になることが確定したことになりますね。
間違って違う方のプレイヤーを買ってしまったということも起こりえるのではないでしょうか。

また、自分の見たい映画が見られないということもあるわけで、
両方のプレイヤーを買わなくてはならないなど、不便な状況が続きそうです。

規格統一とまではいかなくても、両者が両方のメディアに対応したプレイヤーを
発売してくれればいいのですが、相手の利益になってしまうことはやらないでしょうね。
消費者としては、安くて手軽に使えるものが一番。
消費者の心をいち早くつかめた方が勝利するのでしょうね。

ドンキホーテで弁当販売

ドン・キホーテ、オリジン東秀に資本参加=店舗内にオリジン弁当誘致

 [東京 11日 ロイター] ドン・キホーテ<7532>は、オリジン東秀<7579>株式の8.63%にあたる152万3611株を29億2800万円で取得することを決議したと発表した。資本参加を機に、ドン・キホーテが苦手としてきた弁当・惣菜分野を補完するため、店舗内にオリジン弁当のコーナーを設けたい意向だ。
 本体での資本参加と同時に、ドン・キホーテの安田隆夫社長もオリジン東秀株の4.53%にあたる80万株を15億3800万円で取得するほか、オリジン東秀株の10.46%を保有するコーワ株式会社(東京都狛江市)をドン・キホーテの完全子会社とする。このため、ドン・キホーテ、安田社長、コーワが保有するオリジン東秀株の合計持株比率は23.62%となるが、安田社長個人の保有分を除くと持株比率は20%未満となることから、持分法適用対象とはせず、「オリジン東秀の経営の独立性は尊重する」(ドン・キホーテ幹部)という。


これでドンキホーテに行けば普段の生活の中で買えない物は何もなくなりますね。
しかし、あんな狭い通路にぎゅうぎゅうにして置いてある商品の中に
弁当や惣菜も入れてしまうのはちょっと無理がありそうです。
商品の管理が大変で、数日前の弁当が発見されたとかにならなければいいですけど。

弁当も安く売ることができるんでしょうか。
大量に作らないと安くならないとは思うんですが、
弁当は大量に作っても売れなきゃどうしようもないですからね・・・。

あのごちゃごちゃした店内にある弁当が本当に信頼できるでしょうか。
惣菜や弁当などの調理品を売るにしてはちょっと清潔感が足りないような気もします。

iチューンズ・ミュージックストア開始

<米アップル>音楽配信、いよいよ日本上陸

 米アップルコンピュータは4日、日本でもインターネットを使った音楽配信事業を同日、始めたと発表した。大手レコード会社の協力を得て当初配信する曲数は約100万曲、1曲当たりの価格は150~200円。楽曲は専用ホームページからパソコンにダウンロード(取り込み)し、デジタル音楽プレーヤー「iPod」に転送して聴くことができる。デジタル音楽プレーヤーでシェア首位のアップルが参入することにより、音楽配信市場が日本でも本格化、音楽をインターネットで買う時代が始まる。
 アップルの音楽配信「iチューンズ・ミュージックストア」は、03年から米国や欧州で既に始まっている。米国では1曲99セント(約110円)で販売され、これまで延べ5億曲以上がダウンロードされた。日本ではレコード会社の厳格な著作権管理などが障害となり、事業開始が遅れていたが、エイベックスやコロムビアミュージックエンタテインメントなど大手が理解を示し、事業開始にこぎつけた。
 一方、定額料金で「聴き放題」のオンライン音楽配信事業を展開する米ナップスターも3日、日本進出を表明しており、音楽配信事業者間の競争が一気に加速しそうだ。
 国内では既に大手レコード会社が出資する「レーベルゲート」などが音楽配信サービスを始めているが、これまでの販売価格は1曲200円台が主流。携帯電話のauのサービス「着うたフル」でも300円以上するケースが多い。アップルの販売価格はそれより安くなるため、先行各社が値下げに動


衝撃的な発表ですね。しかも発表と同時に開始してしまうとは。
まだまだ日本の曲は少ないのですが、これから増えるとともに人気が爆発しそうです。

何よりも安いということがいいですね。
他社のサービスもこれと同様に安くなれば、
さらにデジタル音楽プレーヤーの需要が伸びそうです。

しかし、クレジットカードで買うことが前提にあるというのは、
十代の利用者にとっては苦しいですね。
プリペイドカード形式で売るのもありますが、それだとちょっと高い。
1曲だけ欲しいときなどは買いにくいですし。
やっぱりウェブマネーなどの手軽に使える支払い方法を取り入れてもらわないと。

クレジットカードが使える人でも、インターネットの決済で使うのは不安だ
という人は結構いるんじゃないでしょうか。
そういうことを考えると、やっぱりウェブマネーなどは必要では。

次のページ
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。