VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯音楽プレーヤーの使いすぎは難聴の元

携帯音楽プレーヤー、騒音性難聴の原因に

 研究者たちは、普及が進む携帯音楽プレーヤーや携帯電話など、直接耳に付けて使用する機器が、若年層の難聴の原因になっていることを懸念している。
 パーデュー大学で聴覚学の臨床教育責任者を務めるロバート・ノバク教授は、「使用の程度は、過去にわれわれが見てきたものとまるで違う」と語る。「ジョギングしている間に限らず、1日中聴きつづける例が増えている」
 ノバク教授は、「体は若いが、聴力は老人並み」の若者があまりにも多いと語る。この傾向は、数十年前に携帯型カセットプレーヤー『ウォークマン』が登場して以来、ずっと続いているという。
 デポール大学4年生のアンジェラ・デイさんは、周りの誰もが携帯音楽プレーヤーを持っていて、その多くがしっかりと耳にイヤホンをはめていると話す。「本当に広く行き渡っている」と語るデイさんも、勉強中や運動中は愛用の『iPod』(アイポッド)でいつも音楽を聴いている。「ひどく中毒性がある」
 ノバク教授とその同僚がこの傾向を確認しようと、無作為に選んだ学生を調査したところ、騒音性難聴として知られる症状の発生が増加しているという気がかりな結果が出た。通常、騒音性難聴になると、高い周波数の音が聞こえにくくなり、時々軽い耳鳴りがしたり、騒音のある状況で会話が聞き取りにくくなったりする。


私も長時間使うことがあるのですが、
やっぱり耳に良くないとは思いますね。

私の知人の中にも会うたびに必ずイヤホンつけてる人がいます。
意外とイヤホンを着けて歩いている人は多いですよね。
聴きたい曲があるわけではないけれど、
なんとなく聴いているという人もいるのではないでしょうか。

私はなるべく音量が高くならないように注意してはいるのですが、
それでも長時間の使用は危ないと思っています。
ガンガン音量を上げている人は特に注意が必要なのでは。

性能も良くなって、再生可能時間が長くなると、
それだけ長い時間聴いてしまうのですが、
それが耳に与える影響というのも考えなければいけないですね。
今がよくても将来難聴になって苦労するというのは嫌ですから。
スポンサーサイト

更新休止のお知らせ

私のPCが完全に壊れたため、しばらくの間更新を休止します。

中国、枯れ草に色塗り、河川に有害物質垂れ流し

今日は番外編でお送りします。

http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html
まず上のページを読んでみてください。
これは現在の中国の環境問題について書かれたブログです。

これを読んでわかると思いますが、大変な状態になっています。
日本で米国牛肉がどうの、遺伝子組み替え食品がどうの言ってる場合じゃ無いですよ。
日常的に輸入されている中国の食品ほとんどが危ないかもしれないのです。

3f022be6.jpg

この画像のように、こんな映画でモンスターが出てくるときに使われそうな色の液体が、
毎日毎日川に流され続けているのです。
信じられるでしょうか。こんなことがあるのに全然知られていないなんて。

e41ef75e.jpg

こうやって次々と有害な液体が川に流されていった結果、
こんな有り得ないような色の川が出来上がってしまうんですよ。
川に流すということは、その水で魚は育ち、その水は土に吸収され、
その土で野菜が育ち、草を動物が食べ、それを人間が食べる。
当然ながら、それを食べると体に悪影響があります。
現に、中国国内では奇形動物が後を断たず、魚が死んで浮かんでいるのです。

これは中国だけに影響の出る問題ではありませんよ。
日本には大量に中国産の食品が出回ってますし、
汚染された黄砂が毎年風に乗って日本にやってくるんです。
川が汚染されているということは、海も汚されています。
すぐ隣の国で汚染された水を毎日大量にながしているんです。

まぁ当然といえば当然ですが、富裕層の方々は国内産の食品は口にしないようです。
きっと中国上層部の人たちは絶対に食べていないでしょうね。
自国の危機にもかかわらず、なぜ改善しようとしないのでしょうか。

ここまで汚染がひどくなると、国民が黙っていないような気もしますが、
そこは中国お得意の言論弾圧が働くようです。
不利なことはなるべく隠そうとする中国の体質ゆえか、国民が立ち上がることすら許されません。
インターネットでさえ言論統制するくらいですから、こんなことに文句言える場所はないでしょう。
状態が悪化するのをただ見ているのみです。


094caa01.jpg


私がもっともおかしいと思ったのはこれです。
何をしているかというと、枯れ草に色を塗っています。
土壌汚染で枯れてしまった草を元に戻す「緑化」政策だそうです。
緑化と言っても、ただ緑色を塗っているだけです。
「草を植えなおそうと」いうわけでもなく、「誤魔化しちゃえ」という考えでしょう。
こんなことは子供のすることです。そうまでして「外見」重視に走っています。
上層部の根本が腐っていると言わざるを得ません。

おそらく、中国の緑地で寝そべったりしたら、背中は緑色に染まります。
こんな国で2008年にオリンピックやるんですよ。
オリンピックを見に行った先で、安心して食事が取れるでしょうか。
ホテルで出された食事が汚染されていないという保障はどこにもありません。
むしろ、汚染されている確率は高いのです。

この事実を早く報道した方がいいのではと思ったのですが、
なんと、報道できない制約があるんです。

「日中記者交換協定」という、簡単に言えば「中国に不利な報道は許さん」という協定です。
中国側が日本のことをどう報道してもいいけど、日本はダメだ。
なんていう理不尽な協定が結ばれてしまったのです。
代わりに、日本の記者が中国にいることを許されているわけですが、
こんなものがあっていいわけがありません。
しかし、存在している以上は手出しできないのです。

ですから、日本のメディアでは報道することができません。
広める手立てはインターネットか書籍くらいです。
どうかこの事実をみなさんに知っていただきたいと思います。
毎日口にする食品の中には危険なものが潜んでいる可能性が多々あるのです。
また、隣国であるため、汚染による影響を受けやすいのです。
自分達の身を守るために、中国の現実を様々な人に広めようじゃないですか。

アナログ放送終了まであと6年

<アナログTV放送>11年の終了承知は1割未満 総務省

 アナログテレビ放送が2011年に終了することを知っている人は1割に満たないことが、総務省が14日まとめた地上デジタル放送に関する「浸透度調査」の結果で分かった。
 調査結果によると、地上デジタル放送そのものを知っている人は78.4%。アナログ放送の終了を知っている人は66.4%だった。しかし、終了時期を正確に11年と知っているのは9.2%にとどまった。
 地上デジタル放送に対応した受信機の世帯普及率は8・5%。将来受信機の購入予定がある人に重視するポイント(複数回答)を尋ねたところ、「価格が安いこと」が最多で78.1%に上った。購入価格は10万円以下が51.7%を占めた。
 調査は今年3月、無作為抽出した全国の15~79歳の4375人を対象に実施、3965人が回答した。【位川一郎】


アナログからデジタルにする必要が本当にあるのでしょうか。
便利にはなってもまだ必要ない人が多いのでは。

11年にアナログ放送終了したら、チューナーを買わなかった人は
テレビを見るのをやめるかもしれませんね。

現在でチューナーの普及率がこれだけ低いと、
後6年で爆発的に普及率が増えるような気がしないのですが・・・。

でも後6年でテレビの買換え需要が伸びればなんとかなるんですかね。
それでも最近のテレビは寿命が長いので買い替えしない人も多そうですが。

まぁ、何よりもチューナーの価格で決まりでしょうね。
たとえ高くても、国が移行するのに補助金をだすなどして安く
売るようにしてくれないと、デジタル放送をわざわざチューナー
買ってまで見るなんてことしないですよね。
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。