VIZ

気になったニュースを紹介しコメントしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の勝手な資源生産

「一方的で遺憾」と抗議 政府、中国の資源生産に

 日本と中国が対立する東シナ海の資源開発問題で、中国が開発するガス田「天外天」で石油か天然ガスの生産を始めたことについて、外務省は21日、中国大使館に「一方的な開発は遺憾」と抗議したことを明らかにした。5月以来、中断している両国の局長級協議を今月中にも開く方向で調整しており、政府は中国にガス田「春暁」なども含めた開発・生産の中止と地質情報の提供をあらためて求める。
 政府は19日に天外天の掘削施設の煙突から炎が出ていることを確認。中国が石油か天然ガスの生産を始めた可能性が高いと判断していた。


以前から問題になっていたのに、
日本はなぜもっと早くに手を打たなかったのでしょうか。
これでは中国がさらに横暴になってしまうだけです。

本当に抗議したいのなら、経済制裁などすればいいんですよ。
中国には石油を掘削できるような技術や資金があるんですから、
もう日本からの膨大なODAはいらないはず。

ずっと勝手なことをさせていたのでは何も解決しません。
文書や口頭で抗議しても何の効果もないことは
今までの経験から分かっているでしょうに。
スポンサーサイト

日本のお年寄り5人に1人に

5人に1人が65歳以上 高齢者人口2556万人

 「敬老の日」にちなみ、総務省が18日発表した統計調査結果によると、今月15日現在の65歳以上の高齢者人口(推計)は、2556万人で昨年より71万人増えた。総人口に占める割合は昨年より0・5ポイント増えて初めて20・0%に達し、国民の5人に1人が高齢者となった。
 65歳以上の人口割合は1950年が4・9%で、その後年々上昇を続け、85年に10・3%に。その後20年間で20%に達し、急速な高齢化ぶりをあらためて示した。
 国立社会保障・人口問題研究所の推計では、高齢者の割合は今後も上昇を続け、10年後の2015年には26・0%になると見込まれている。
 高齢者人口を性別でみると、男性は1081万人で、男性全体の17・4%、女性は1475万人で女性全体の22・5%を占めた。
 65歳以上74歳以下は、昨年より20万人増えて1401万人、75歳以上は50万人増の1155万人となった。


通りでお年寄りをよく見かけるわけです。
平日の昼間なんてお年寄りのほうが多いんじゃないかと思うくらいですから。

長生きする人が増えて、それだけ医療の進歩もあるということで
いいことではあるんですが、若者が増えなければ未来が大変です。
年金のことをどうにかする前に、子供を産みやすくする政策のほうを
優先するべきなんじゃないでしょうか。

お年寄りばかりの国になってしまったら活気が無くなってしまいますよ。
労働人口が減って税金が高くなれば若者の労働意欲が失われますし。
ある国では税金が高すぎて若者が国外へ出て行ってしまうんだとか。
もしかすると日本もこんなことになってしまうかもしれませんね。
なんとか小泉政権には良い対策をとってもらいたいものです。

携帯音楽プレーヤーの使いすぎは難聴の元

携帯音楽プレーヤー、騒音性難聴の原因に

 研究者たちは、普及が進む携帯音楽プレーヤーや携帯電話など、直接耳に付けて使用する機器が、若年層の難聴の原因になっていることを懸念している。
 パーデュー大学で聴覚学の臨床教育責任者を務めるロバート・ノバク教授は、「使用の程度は、過去にわれわれが見てきたものとまるで違う」と語る。「ジョギングしている間に限らず、1日中聴きつづける例が増えている」
 ノバク教授は、「体は若いが、聴力は老人並み」の若者があまりにも多いと語る。この傾向は、数十年前に携帯型カセットプレーヤー『ウォークマン』が登場して以来、ずっと続いているという。
 デポール大学4年生のアンジェラ・デイさんは、周りの誰もが携帯音楽プレーヤーを持っていて、その多くがしっかりと耳にイヤホンをはめていると話す。「本当に広く行き渡っている」と語るデイさんも、勉強中や運動中は愛用の『iPod』(アイポッド)でいつも音楽を聴いている。「ひどく中毒性がある」
 ノバク教授とその同僚がこの傾向を確認しようと、無作為に選んだ学生を調査したところ、騒音性難聴として知られる症状の発生が増加しているという気がかりな結果が出た。通常、騒音性難聴になると、高い周波数の音が聞こえにくくなり、時々軽い耳鳴りがしたり、騒音のある状況で会話が聞き取りにくくなったりする。


私も長時間使うことがあるのですが、
やっぱり耳に良くないとは思いますね。

私の知人の中にも会うたびに必ずイヤホンつけてる人がいます。
意外とイヤホンを着けて歩いている人は多いですよね。
聴きたい曲があるわけではないけれど、
なんとなく聴いているという人もいるのではないでしょうか。

私はなるべく音量が高くならないように注意してはいるのですが、
それでも長時間の使用は危ないと思っています。
ガンガン音量を上げている人は特に注意が必要なのでは。

性能も良くなって、再生可能時間が長くなると、
それだけ長い時間聴いてしまうのですが、
それが耳に与える影響というのも考えなければいけないですね。
今がよくても将来難聴になって苦労するというのは嫌ですから。

琵琶湖にピラニア

琵琶湖でピラニア捕獲 観賞用ペットを放流?

 南米アマゾンなどに生息するピラニアが滋賀県の琵琶湖で捕獲されたことが13日、分かった。観賞用のペットが放流されたとみられる。
 滋賀県水産試験場によると、捕獲されたのは体長15・7センチ、重さ95・6グラムのピラニア・ナッテリィと呼ばれる魚種。同県高島市新旭町の琵琶湖で12日、刺し網にかかっているピラニア1匹が見つかり、同試験場が回収した。
 ピラニア・ナッテリィは主に亜熱帯の川に生息し、体色が銀白色で腹部は朱色。成長すると体長30センチ程度になる。非常に鋭い歯を持ち凶暴な肉食魚として有名。
 琵琶湖の水温は冬季はアマゾンに比べ低いため、繁殖する可能性は低いとみられる。


なぜ自分が飼っていたペットを外に捨てるんでしょうか。
好きで飼い始めたのですから、最後まで責任を持つというのが当然のはずです。

動物にだって命があるんですから、気に入らなくなったら
そのまま外に放り出すというのはあまりにも無責任すぎますよ。
自分の都合で捨てて、それが回りに及ぼす影響というのが
わからないのでしょうか。

他の生物への影響も考えずに、飽きたら自分勝手に捨ててしまう様な人にはペットを飼う資格なんてありません。
生き物はおもちゃではないんですよ。

中国最大の電話会社、スカイプを制限

中国電信、インターネット電話サービスへの接続を制限=新聞

 [上海 9日 ロイター] 中国最大の固定電話会社、中国電信(チャイナ・テレコム)は、インターネット電話サービスへのアクセス制限を開始した。インターネット電話サービスが、同社の長距離電話サービスの減収につながるため。シャンハイ・デーリーなど複数の現地新聞が報じた。
 これらの新聞報道によれば、チャイナ・テレコムは深セン市で、ルクセンブルクのインターネット電話サービス会社、スカイプ・テクノロジーのサービスにつながるアクセスの制限を開始した。
 チャイナ・テレコムのブロードバンド・インターネット接続サービスは、スカイプのサービスに現在は接続可能だが、最終的には全国的に接続をブロックする方針という。
 また、チャイナ・テレコムは、深セン市でのインターネット電話ユーザーの「ブラックリスト」を作成済みであり、同社によるアクセス制限を迂回しようと試みる者に対しては、罰金を科す可能性もあるという。
 中国では、法輪功や天安門事件といった、政治的に難しい問題を取り扱ったウェブサイトへのアクセス制限は日常的であるものの、純粋に経済的な理由によるアクセス制限は極めてまれである。
 チャイナ・テレコムの広報担当者は、この件についてコメントを控えている。


中国では消費者よりも提供する側の方がずっと偉い立場にあるということなのでしょうか。
しかし、こんなことが許されるのではこれから発展することが全く出来ない状態になってしまうのでは。

消費者をないがしろにして自分たちの利益だけを優先させた
この処置で、逆にユーザーが減っていくということには
全く考えが回らなかったのでしょうか。

競合する相手が出てきたならそれに勝てるだけの
努力をするのが当たり前のことであるはず。
それをただ制限するだけという何のためにもならないことで
解決してしまおうとするなんて、何と馬鹿げたことでしょうか。

これでユーザーの数が減らなかったら不思議で仕方ありません。
日本であれば大半のユーザーが他社に乗り換える事を検討すると思われますが、
中国ではこういうことに対してどういった反応が起きるのでしょうか。

どんなに中国国内で最大だからといっても、
こんなにも大きな権限を持ってはいけないですよ。
合法であるサービスを利用しただけで罰金なんて、誰が納得いくでしょうか。
次のページ
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。